Ist

日本ファンタジーノベル大賞 関連作家情報(仮)

「日本ファンタジーノベル大賞2018」最終候補作発表!
https://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/

「日本ファンタジーノベル大賞2017」受賞作品
柿村将彦『隣のずこずこ』(新潮社)刊行!
https://www.shinchosha.co.jp/prizes/fantasy/2017/

鈴木光司|SUZUKI KOJI【工事中】

1990年『楽園』で第2回「日本ファンタジーノベル大賞」優秀賞受賞。
1995年『らせん』で第17回吉川英治文学新人賞受賞。
2013年『エッジ』で米国の文学賞「シャーリー・ジャクスン賞」長編部門受賞。
第11回~第25回「日本ファンタジーノベル大賞」選考委員。

 

「リング」シリーズ

リング

リング (角川ホラー文庫)

リング (角川ホラー文庫)

リング 鈴木 光司:文庫 | KADOKAWA

リング

リング

リング 鈴木 光司:文芸書 | KADOKAWA

らせん

ループ

バースデイ

エス

タイド

ユビキタス

 

刊行タイトル

楽園

楽園

楽園

楽園 (新潮文庫)

楽園 (新潮文庫)

楽園 (角川文庫)

楽園 (角川文庫)

楽園 鈴木 光司:文庫 | KADOKAWA

光射す海

生と死の幻想

仄暗い水の底から

シーズ・ザ・デイ

エール

枝の折れた小さな樹/サイレントリー

神々のプロムナード

アイズ

エッジ

鋼鉄の叫び

樹海

ブルーアウト

 

小説以外

アンソロジー

映画

テレビ

漫画

 

1990年、『楽園』で第2回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。
1995年、『らせん』で第17回吉川英治文学新人賞受賞。
2013年、『エッジ』で米国の文学賞「シャーリー・ジャクスン賞」長編部門を受賞。

リング・シリーズ
『リング』 角川書店(1991.6) 角川ホラー文庫(1993.4)
『リング 改訂』 角川書店(1995.9)
リング (角川ホラー文庫)  リング

『らせん』 角川書店(1995.7) 角川ホラー文庫(1997.12)
らせん らせん - (角川ホラー文庫)

『ループ』 角川書店(1998.1) 角川ホラー文庫(2000.9)
ループ ループ (角川ホラー文庫)

『バースデイ』 角川書店(1999.2) 角川ホラー文庫(1999.12)
バースデイ バースデイ (角川ホラー文庫)

エス』 角川書店(2012.5) 角川ホラー文庫(2013.5)
エス エス (角川ホラー文庫)

『タイド』 角川書店(2013.9) 角川ホラー文庫(2016.3)
タイド (単行本) タイド (角川ホラー文庫)

長編小説

『楽園』 新潮社(1990.12) 新潮文庫(1996.1) 角川文庫(2010.2)
楽園 (新潮文庫) 楽園 (角川文庫)

『光射す海』 新潮社(1993.1) 新潮文庫(1996.6) 角川文庫(2010.10)
光射す海 (新潮文庫) 光射す海 (角川文庫)

『シーズ・ザ・デイ』 新潮社(2001.4)  『シーズ・ザ・デイ』上下巻 新潮文庫(2003.11)
シーズ・ザ・デイ シーズザデイ〈上〉 (新潮文庫) シーズザデイ〈下〉 (新潮文庫)

『エール』 徳間書店(2001.9) 『エール 愛を闘え、女と男』 徳間文庫(2004.9)
エール

『神々のプロムナード』 講談社(2003.4) 講談社ノベルス(2006.1) 講談社文庫(2007.4)
神々のプロムナード 神々のプロムナード (講談社ノベルス) 神々のプロムナード (講談社文庫)

『エッジ』上下巻 角川書店(2008.12) 角川文庫(2012.1)
エッジ 上 エッジ 下 エッジ 上 (角川ホラー文庫) エッジ 下 (角川ホラー文庫)

『鋼鉄の叫び』 角川書店(2010.10) 角川文庫(2013.7)
鋼鉄の叫び 鋼鉄の叫び (角川文庫)

『ブルーアウト』 小学館(2015.12)
ブルーアウト


短編集
『生と死の幻想』 幻冬舎(1995.11) 幻冬舎文庫(1998.4)

仄暗い水の底から』 角川書店(1996.2) 角川ホラー文庫(1997.9)
仄暗い水の底から 仄暗い水の底から (角川ホラー文庫)

『枝の折れた小さな樹』 新潮社(2002.2) 改題『サイレントリー』 新潮文庫(2004.12)
枝の折れた小さな樹 サイレントリー (新潮文庫)

『アイズ』 新潮社(2005.5) 新潮文庫(2008.1) 角川ホラー文庫(2015.1)
アイズ アイズ (新潮文庫) アイズ (角川ホラー文庫)

『樹海』 文藝春秋(2015.4)
樹海


随筆
『新しい歌をうたえ』 新潮社(1997.9) 新潮文庫(2000.5)
『家族の絆』 PHP研究所(1998.8) 角川文庫(2000.10)
『ママとパパに聞かせたい27の話』 海拓舎(1999.2)
『現在を生きよう』 実業之日本社(2000.1) 角川文庫(2003.5)
『パパだからできる!』 新潮社(2000.2) 改題『鈴木光司と13人の父「父親業は愉快だ!」』 新潮文庫(2002.8)

『父性の誕生』 角川oneテーマ21(2000.12)

『天才たちのDNA 才能の謎に迫る』 
鈴木光司対談集 監修・塩田久嗣 マガジンハウス(2001.1)
『地球を走る アメリカ横断オートバイ旅行記』 集英社(2001.8)
『パパイズム』 角川文庫(2002.9)
『その日をつかめ』 実業之日本社(2004.6)
『なぜ勉強するのか?』 ソフトバンク新書(2006.12)
『知的思考力の本質』 竹内薫共著 ソフトバンク新書(2009.3)
『情緒から論理へ』 ソフトバンク新書(2009.3)
『選択の時代』 廣済堂新書(2011.7)
『人間パワースポット 成功と幸せを“引き寄せる”生き方』 KADOKAWA(2013.11)
『強い男を求めなさい、いなけりゃあなたが育てなさい!』 ATパブリケーション(2015.7)
『野人力 オヤジが娘に伝える「生きる原理」』 鈴木美里共著 小学館新書(2015.7)

絵本
『涙』 ほりうちけいこ 絵 海拓舎(2000.11)
『レオとノエ』 アレックス・サンダー/絵 講談社(2011.9)

その他
『月のものがたり』 鈴木光司編 ソフトバンククリエイティブ(2006.2)
『夢で語るな日本のエネルギー』 山本隆三共著 マネジメント社(2012.2)

アンソロジー
映画化
漫画化

メールマガジン
「貞子」作家 鈴木光司の"現在(いま)を生きよう"
http://www.mag2.com/m/0001275233.html